住宅ローンはいくらまで借りることが出来るの?

みなさん!こんにちは(o^―^o)ニコ

福山不動産販売の佐藤正幸です★

本日は、 住宅ローンはいくらまで借りることが出来るの?について少しお話しますね★

 

住宅ローンの借り入れ額は、年収によって制限が加わります。

銀行などの金融機関が設定している一般的な基準をもとに、自分の年収でいくらまでの借り入れができるのか?

これを知ることが重要ですね★

金融機関がいくら貸してくれるかの目安は、「返済負担率」を計算して把握することができます。「返済負担率」は、年収に対する年間返済額の割合のことで、基準は金融機関によって異なります。基準が公表されている住宅金融支援機構の住宅ローンでは、年収別に次のような設定がされています。この基準を目安と考えれば参考になりますね★

返済負担率

年収400万円未満400万円以上
返済負担率30%以下35%以下

たとえば、年収500万円の場合、上の表による返済負担率の基準は35%以下です。つまり、500万円×35%=175万円が年間返済額の上限となり、この金額を上回るような返済になる金額は貸してくれません。この例で借りることができる金額を求めるには、まず、毎月返済額の上限を計算します。

175万円÷12ヶ月=約14.5万円(毎月返済額の上限)

 

この様に簡単に目安となる金額の算出はできますね!

あくまでの上限の金額ですので、参考にしてくださいね。

返せる額と、借りれる額は同じではないですからね。

 

以上、簡単ではありますが住宅ローンはいくらまで借りることが出来るの?

について書いてみました(^^)/

皆様、参考にしてみてくださいねー