0120-009-718

営業時間:9:00~18:00 定休日:毎週水曜日・祝日

土地購入の際、盛土と埋立地の地盤には注意しましょう(-_-;)

 |  | 

みなさんこんにちは(⌒∇⌒)福山不動産販売の塩崎です(`・ω・´)b

今回は土地の地盤についてお話をさせて頂きます❕

お家を建てる際ですが、できるだけ台地などの良好な地盤を選ぶのが普通かと思いますが、なかなかこうした土地が出てこない上に、新規に取得する場合は、山林の斜面を造成したり、田んぼや低湿地を埋め立てたりして、新たに開発された宅地を選ばざるを得ないのが現状です。

このような人工的に手が加えられた地盤は要注意です。特に斜面の造成地では、盛土の地盤に気をつけましょう。

地山を削った跡の切土地盤は問題ないですが、

👈切土工事

盛土のほうは十分に締め固めされていないと、敷地が不同沈下して建物が傾いたりねじれたりするおそれがあります。

👈盛土工事

一見すると平坦な高台の造成地でも、谷筋や窪地を埋め戻して平らにした区画が含まれていることがあります。

また、埋立地も地震の際に液状化の影響を受ける可能性があります。

盛土や埋立地などの地盤の不安定な地域は『土地条件図』で調べる事ができます。

土地条件図が作成されていないエリアの場合は、福山市の建築指導課などに問い合わせてみましょう。

もちろん当社に相談して頂くもの大歓迎です😄

お電話お待ちしております。

塩崎でした(^▽^)/